スポンサードリンク

太陽光発電 1kwあたりの導入費用

このページでわかること 1kwあたりの導入費用比較

  1. 1kWあたりいくらという視点で考える
  2. メーカーごとにパネルだけでも費用に違いが
  3. 設置枚数から費用を見積もる
  4. 自治体の補助金額の上限に注意
  5. 相見積もりで費用を抑える

国の補助金は1kWあたりのシステム価格が基準

太陽光発電を導入をしようとしている人にとって補助金の額は気になるところです。補助金について調べていると「1kW(キロワット)」という言葉をよく目にすると思います。太陽光発電の導入にあたっては「1kWあたりの太陽光発電のシステム費用」を知ることがとても大切になってきます。

 

主要メーカーの太陽光パネルの比較

太陽光発電のシステム全体という事となると一番いいのは現地見積もりですが、ここでは便宜上太陽光パネルのみに絞って費用の比較をしてみます。

 

太陽光パネル メーカー別比較表

 

単純な比較をすることはできませんが各メーカー・品番によって出力も異なり、kWあたりの費用も異なります。導入時にはしっかりと比較検討することが大切です。

 

一般的な家庭の設置枚数

太陽光発電を導入すると言っても何枚位パネルが必要なのかイメージができない方も多いのではないでしょうか?

  • パネルを沢山設置する → 売電の利益も多い、費用は高い
  • パネルが最適な枚数  → 売電利益と費用のバランスを保てる

一般的には「3kW程度」。多くても5kW程度の発電量になるようにパネルを設置します。

 

例)パナソニック HIIT233の場合

3kW ÷ 233W = 約13枚(12.8) となります。

 

補助金と設置kW数との関係性

補助金を交付する地方自治体の中には「上限◯万円まで」というように、交付する補助金の上限を決めていることも少なくありません。10kW分のシステム設置まで補助金を出す所と、4kW程度までと決めている所もあるので注意が必要です。

 

太陽光発電を導入するには「1kWあたりいくら位かかるのか」というのが一つの尺度となります。メーカー間の比較も保証・メンテナンスなどの問題や、変換効率などの問題など様々ありますが、基本は1kWあたりの費用で比較すれば検討材料として有益です。

 

ただし、太陽光発電の導入には補助金や諸費用など多くの点を考える必要があり、プロの力を借りるのが一番です。そのため太陽光発電の一括見積もりを依頼し、プロである調査員に色々と聞いてみるというのも一つの手です。

 

カタログには書かれていない相見積もりによるディスカウントも期待できます。

利用者数100万人の実績!太陽光発電の無料一括見積もりサイト「タイナビ」

太陽光発電,1kwあたり,導入費用

太陽光発電 1kwあたりの導入費用