スポンサードリンク

太陽光発電のリース

このページでわかること 太陽光発電のリースについて

  1. もはやリースは車・コピー機だけではない
  2. リースのメリットは税が発生しないこと
  3. リースした製品の所有権はリース会社にある
  4. 太陽光発電のリースを行う会社も出てきた
  5. 相場・費用・知識をつけるために一括見積もりを活用

リース契約とは?

リースというと車や会社で使うコピー機など事務機器のリースが一般的です。リース会社が一旦商品を購入し、それを利用者が月々一定の金額を一定期間支払うことで利用が可能となります。

 

太陽光発電のリース契約 図解

 

リース契約のメリット

  • 資産にならないので税の納付が発生しない
  • 住宅ローン、車のローン、学資ローンとローンの嵐の場合も導入の計画が立てやすい

 

リース契約のデメリット

  • 中途解約が難しい(リースした製品の所有権はリース会社にあるため)

 

太陽光発電のリース会社

近年、太陽光発電のリースを行う会社も増えて来ました。ここでは一例として「株式会社クリーンエナジー」の場合を見て行きましょう。

 

太陽光発電のリース会社 クリーンエナジー

 

実際のリース料金は?

 

月々のリース料 「4kW システムで18,752円、5kWシステムで23,440円」

※公式Webサイトより

 

通常、1kWあたり30万円前後の投資が必要な太陽光発電を気軽に利用するには最適です。そして10年経過後はリース費用は発生せず、メンテナンスも保証の範囲ならば提供されるということです。

 

太陽光発電 イメージ写真

リースというと車というイメージでしたが、今後は太陽光発電のリースも間違いなく増えてくると思われます。

 

ただし「特定メーカーのパネルに限定されてしまう」など、太陽光発電のリースにはマイナス点もあります。

 

今の自分の状況は「本当に予算的に太陽光発電の導入が厳しいのか?」。それを判断するには第三者の意見を聞くのが一番です。

 

無料一括見積もりサイトで複数の見積りをとって比較してみましょう。もしかすると安く導入できるプランを提示してくれる工事店に巡り合えるかもしれません。

利用者数100万人の実績!太陽光発電の無料一括見積もりサイト「タイナビ」

太陽光発電,リース,月々,費用

太陽光発電のリース費用