スポンサードリンク

太陽光発電アドバイザー

このページでわかること 専門家に相談して太陽光発電導入費用を節約する方法

  1. すべての担当者が太陽光発電の専門家ではない
  2. 太陽光発電アドバイザー資格は要注目
  3. アドバイザー試験では太陽光発電に関する幅広い知識が求められる
  4. NPO法人日本住宅性能検査協会が主催している
  5. 有資格者の有無を基準に業者選定で費用削減

相談している人は本当に専門家ですか?

太陽光発電が一般家庭に普及するようになって多くのメーカーが太陽光パネルの業界に参入し、工事店や取り扱い店も増えています。

 

しかし中には特別詳しい知識を持たない…あまり私達と変わらない知識しかない人もいます。どうせなら専門知識を持つプロに相談したいですね。プロに相談することで余計な費用負担を抑えることもできてしまいます。

 

太陽光発電アドバイザー資格

『太陽光発電アドバイザー』という資格があります。NPO法人の日本住宅性能検査協会が実施している資格で、多くの人に受験を呼びかけています。宅建主任・建築士などあらゆる分野の資格と組み合わせることで、より専門的な太陽光導入のアドバイスが出来る人材を増やすというのが目的のようです。

 

太陽光発電アドバイザー

 

試験内容について

 

太陽光発電アドバイザー

実際「どのような内容が問われる試験なのか?」というのは気になりますよね。

 

出題内容は最新の法令をベースに太陽光発電の特徴からアフターフォロー・屋根の構造など多岐に渡ります。

 

120分という比較的長めの試験時間から、かなり専門性の高い試験という印象を受けます。

 

NPO法人日本住宅性能検査協会とは?

では太陽光発電アドバイザー試験を主催する運営団体はどんな機関か見て行きましょう。

 

まる適マーク

太陽光発電アドバイザー以外にも「敷金診断士」「施工業者・リフォーム会社向けのまる適マークの発行・審査」をしています。

 

住宅に関してのノウハウがある団体なので、その資格は太陽光発電導入の一つの尺度となるでしょう。

 

まだまだ少ない有資格者

太陽光発電アドバイザーの第1回試験の合格率は「46.39%」でした。まだ新しい資格のため有資格者を探すのは難しいでしょう。

 

しかし資格講座で有名なLECにも合格講座が開設されるなど、今後注目され有資格者が増えることが予想されます。太陽光発電の導入から設置・運用には、幅広い知識そして正確な情報が必要です。

 

そのため幅広く太陽光発電について学び、知識を豊富に持つ有資格者の存在は心強く、費用も抑えられる可能性もあります。

利用者数100万人の実績!太陽光発電の無料一括見積もりサイト「タイナビ」

太陽光発電アドバイザー

太陽光発電アドバイザー