スポンサードリンク

太陽光発電と税額控除

このページでわかること 太陽光発電と税額控除の関係性

  1. 年間所得(税額)からマイナスできるのが「控除」
  2. 大きく分けて所得控除と税額控除の2種類
  3. 太陽光発電の税額控除は複雑
  4. 課税方法が年度により変化する可能性がある
  5. 税金に詳しい業者を選んでお得に導入

控除とは?

私達が支払いをする税金は所得全てに税金がかかっている訳ではありません。『控除』という概念を考える必要が出てきます。

 

そもそも控除というのは「1月1日〜12月31日までの1年間の所得(税額)からマイナスできるお金」の事です。所得があるけども課税の対象としてはみなさないというのが『控除』です。

 

控除は大きく2種類ある

所得控除

  • 医療費控除・配偶者控除・社会保険料控除など
  • 一定の金額を所得から引くことができる

 

税額控除

  • NPOへの寄付・住宅ローン・特定の増改築の特例など
  • 一定割合の金額を所得から引くことができる

 

太陽光発電で税額控除が受けられるケース

実は太陽光発電の税額控除は難しいです。というのもただ太陽光発電の設備を導入したからと言って、省エネ改修工事をした場合の「住宅特定改修特別税額控除」というのが受けられる訳ではないからです。

 

<太陽光発電の工事が住宅特定改修特別税額控除の対象となる場合>

窓・床・天井・壁の断熱の基準を平成年基準以上となるように行う工事と一緒に行った場合。

 

要するに既存の住宅の場合、太陽光発電を取り付けたからといって「税額控除になる」と両手を挙げて喜べないということです。

 

一方、住宅借入金等特別控除は新築や増改築のケースでは受けることができますが、これも条件があるようです。詳しくは⇒国税庁HP:省エネ改修工事をした場合(住宅特定改修特別税額控除)

 

税額控除で注意する点

税額控除は税金を減らす上でとても良い制度です。しかし実際には税金の課税方法や基準が変化するので、去年までは大丈夫でも今年から違うという事も珍しくありません。そのため素人判断はせず、しっかりとした知識の下で税額の把握を行い太陽光発電の導入を検討する必要があります。

 

太陽光発電の業者は良きアドバイザー

当たり前の話ですが太陽光発電を売る人たちは自分たちの業界動向をよく勉強しています。その場では分からなくても折り返し調べてくれたり、詳しい人に情報を聞いて教えてくれます。現場にいる人は税金にも詳しいので、税金についての詳しさを基準にして業者選びをするのも一つの方法です。

 

太陽光発電の導入費用を抑えるコツは「補助金の活用」です。しかしそれ以外にも控除という方法で税額を減らし、導入しやすい環境を作ることができます。税金は知らないと課税されてしまうので、しっかりと知識のある業者を探す必要があります。

利用者数100万人の実績!太陽光発電の無料一括見積もりサイト「タイナビ」

太陽光発電,税額控除

太陽光発電と税額控除