スポンサードリンク

太陽光発電のメンテナンス費用

太陽光発電でメンテナンス費用が必要になるのは3つ

  1. 定期点検費用 1回1〜2万円
  2. パワコン交換費用 1台10〜20万円前後
  3. 電力メーター交換費用 1台1万円前後

この3つが太陽光発電のメンテナンス費用として基本的にかかリます。導入時には見えづらい部分ですので、必ず担当者によく確認して、自分が納得してから導入する事が重要です。

 

メンテナンス費用 20年間の概算

太陽光発電導入

4年後 「1万円:定期点検代」

8年後 「1万円:定期点検代」

10年後 「1万円:電力メーター交換代&パワコン交換代」
↓     ※パワコンは保証期間内に無料で1回交換したと仮定
↓     ※電力メーターは電力会社負担の地域在住と仮定

12年後 「1万円:定期点検代」

16年後 「1万円:定期点検代」

20年後 「11万円:電力メーター交換代&パワコン交換代」

 

合計:20年間で16万円

 

上記の計算はあくまでも一例です

 

・パワコンの交換費用は設置規模や保証期間により大幅に変わることが考えられます。
・電力メーターもお住いの地域によってはすべて設置者が負担する場合があります。
・定期点検も受ける受けないによって金額は変わります。

 

太陽光発電のメンテナンス 交換費用

 

パワーコンディショナー 10万円〜30万円

 

※設置している規模によって費用には差がでます。現在パワコンの価格自体が年々下がってきているので、今後は数万円で交換できるようになるのではないか…と予想されています。

 

売電メーター 数万円〜10万円

 

※デジタル式は10万円くらいします。

 

<パワーコンディショナー>

 

パワコン実際の画像

<売電メーター>

 

パワコン実際の画像


 

太陽光発電はノーメンテナンスだと思っていませんか?

太陽光発電は基本的にはメンテナンスの必要はありません。しかしそれは数年の間の話であって、長年設置するとパワーコンディショナーの交換などの費用が発生します。

 

10年が一つの区切り
  • パワーコンディショナーは「数年で何度も壊れた」という人もいますが、一般的に寿命は10〜15年とされています。
  • 売電メーターは10年毎に設置者負担での交換が義務付けられています。

 

太陽光パネルの寿命は20年とも30年とも言われています。10年を一つの区切りと考え、メンテナンス費用をあらかじめ見積もっておかないと後々困った自体になり兼ねません。。

 

定期点検にも費用がかかる

メーカー保証はいざとなった時に太陽光発電をトラブルから守ってくれる頼もしい存在です。太陽光発電は機械ですから故障することもあります。導入して間もないのに故障しメーカー保証で対応したというケースもよくあるようです。

 

長期の保証を提示しているメーカー各社(三菱電機20年・ソーラーフロンティア20年など)ですが、保証と合わせて有償での定期点検を義務付けているケースもあります。その費用は工事店によっても違うようですが、メンテナンス費用としてしっかり考えておく必要があります。

 

太陽光発電では「メーカー」「工事店」の保証を使うことも大事ですが、保証が終わってしまったあとの修繕費用を知ることも大事です。そのため、導入時に導入費用だけでなくアフターの部分の費用も把握しておくことをおすすめします。

 

太陽光パネルの損傷に関して

出力保証は各社していますが外的な損傷に関する保証はすべてのメーカーが行なっているわけではありません。外的な損傷は主に自然災害などにより発生します。

 

<自然災害補償をしているメーカー>

「京セラ、シャープ、ソーラーフロンティア、パナソニック、三菱」など

 

問題は保証が切れたあと

メーカーによる保証が切れた後というのは自費もしくは火災保険・地震保険などでの対応になります。基本的にメンテナンスフリーとはいえ、定期的な点検によるメンテナンスは太陽光システムの維持には欠かせません。

 

メンテナンスの具体的な費用は?

メーカーで行なっている有償メンテナンス。数万円程度の負担で受けられるようですが、工事店やメーカーによっても違ってくることが考えられます。導入時にしっかりと確認しましょう。

 

意外に多い水漏れトラブル

太陽光発電のトラブルを調べていると水漏れのトラブルというのが多く見つかります。架台を屋根に固定するときにコーキングをしますが、そのコーキング剤の品質劣化なども長期的な運用では考える必要があります。

 

長期的にはコーキングのやり直しや、架台のメンテナンスなども必要になるかもしれません。

 

メンテナンスでわかること

太陽光発電の各種機器の損傷具合・寿命などを知る良いきっかけになります。今後技術の進歩で性能の良いパワーコンディショナーが発表された時なども、残りの使用可能年数と費用を考えてメンテナンス時に交換してしまうという事も考えられます。

 

太陽光発電においてメンテナンス費用は長期間運用すればするほど重要です。また、費用だけでなく「技術力があるかどうか」というのも業者選定には欠かせません。しっかりとメンテナンスをしてくれる業者を選ぶことが大切です。

 

メーカー保証は10年もしくは20年

太陽光発電のメーカー保証はメーカーによっても異なりますがほとんどの場合10年間の保証があります。その中には「パワーコンディショナー・接続箱・太陽光パネル・架台」などが含まれていることもあります。

 

例)シャープでは設置時に10年の無償保証、もしくは有償での15年保証の選択ができます。

太陽光パネル メーカー保証期間

 

利用者数100万人の実績!太陽光発電の無料一括見積もりサイト「タイナビ」

太陽光発電,メンテナンス費用

太陽光発電 メンテナンス費用